postgresSQLが使えるレンタルサーバー選びについて

パソコン36

コンピュータ機器を使い、商品管理をするなどの業務をされている方も多いですよね。

そこで、コンピュータ機器からクライアントを通して知りたい情報を得られるサーバーを借りるレンタルサーバーを利用することで、ホームページを作成して運営する時にもとても便利です。

ここでは、コンピュータ内で整理された情報であるデータベース管理システムの1つのpostgreSQLが利用できるレンタルサーバーを選ぶ時に知っておきたいことを紹介します。

⇒レンタルサーバーで複数のホームページを作りたい!複数ホームページを作る方法を紹介

postgreSQLの特徴

パソコン45

postgreSQLは、いくつかの項目を集めて表形式でデータを並べたものになっています。ここからは、機能面で特徴的なポイントを挙げていきます。1つは沢山のプログラミング言語をサポートしていることが挙げられます。

対応する代表的な言語は次の通りです。C言語、C++言語、Perl、Python、Ruby、Javaなどです。C言語は、プログラミングの基礎から応用まで学ぶことができ、MacなどのOSの開発に活用できます。

C++言語は、C言語より更に幅広い機能があり、アプリケーションの作成などが可能な言語です。Perlは素早いテキスト処理ができ、Pythonはwebサイトの作成に活用できます。Rubyは無料で使用できてショッピングサイトやSNSサイトの開発が可能です。

Javaはデスクトップ上で使用するアプリケーションの開発や家電機器の組み込みなどができます。このように多くのプログラミング言語でデータベースに移動できるので、postgreSQLは、とても使いやすいです。

続いて2つ目の特徴は、バックアップが速やかにできることです。保存済みのデータを別の端末に保存する時に、バックアップ中も他のシステムを止めることなくいつも通り使えるバックアップ方法をホットバックアップといい、postgreSQLはこのシステムに対応しています。

そのことから負担が少なくバックアップが可能です。3つ目の特徴は使用できるOSが多くあることです。Mac、Windowsそして、AIX、Solaris、FreeBSD、Linux、Free BSDなどが対応可能になっています。

4つ目はロールバック機能が使えることです。データの更新が進まないトラブルやシステム障害などのエラーが起きても、その前の状態に戻ることができるロールバックが使えます。

postgreSQLが使えるレンタルサーバーの種類

postgreSQLが使えるレンタルサーバーは、大きく3種類あり、それぞれの特徴と共に紹介していきます。まず共用サーバーです。複数人が契約して1つのサーバーを利用するものです。このサーバーのデメリットとして挙げられることは、複数人が同時にアクセスすることでサーバーがダウンしてしまう可能性も考えられます。

また、利用している人にサーバーを管理する権限がないので、システムの構成やサーバーのカスタマイズを自由に変更できず、使用する時の制限が大きい傾向にあります。一方メリットは、サーバーの利用にかかるコストを抑えられることです。

サーバーによって月額100円台で利用できるプランがあったり、月額料金も初期費用なども安く済みます。他にも、申し込みから利用までにかかる時間が比較的早いので、サーバーの利用を急いでいる場合は共有サーバーからの利用がおすすめです。

そして、サーバーの主な管理はサーバー会社が行なってくれる仕組みになっていることから、初めてサーバーを利用する場合も安心して始められます。2つ目は専門サーバーで、個人や企業で1つのサーバーを単独で利用できるものになっています。

デメリットとしては共用サーバーと比較すると利用料金が上がること、申し込みを済ませてから利用するまでに時間がかかる所です。メリットは、自分で自由に設定してカスタマイズできることです。また自分でサーバーを運用して管理をしたい方は、専門サーバーを選ぶのがおすすめです。

また、単独でサーバーを利用できるので、インターネット回線が安定した状態で、容量をたっぷり使うことができます。共有サーバーでは制限されていたサーバー管理の権限もないので、必要な時に必要なソフトウェアをインストールするなども可能です。

1番利用面で負担なく自由性があるのが専門サーバーといえます。3つ目は、仮想専用サーバーです。共有サーバーのように複数人が契約して1つのサーバーを使い、専用サーバーように利用者ごとに設定の変更などができるものになっています。

共有サーバーと専門サーバーの両方のシステムを持つサーバーといえます。デメリットとしては自分でサーバーを管理することができますが、専門サーバーほどの自由性はないことです。そのため、サーバーを契約する前にサーバーの管理できる範囲を確認しておくことが大切です。

メリットは、専門サーバーのような専門性と自由性を兼ね備えていて、安い料金で利用できることです。月額数千円で利用できるサーバーが多く、中には月額500円台で利用できるサーバーもあり、コストを抑えながら共用サーバー以上の機能が使えます。

⇒何が違う?法人向けと個人向けでのレンタルサーバーの違いを知ろう!

postgreSQLとMySQLの違い

postgreSQLと同様のデータベース管理システムに、MySQLがあります。MySQLは、GoogleやYoutubeなどこのシステムを採用している企業が多く、世界的に有名に注目されているシステムの1つですが、postgreSQLとの機能面での大きな違いはないようです。

その中でもこの2つを選ぶ時は、早い処理速度にこだわりたい場合や、使いやすさを重視するならMySQLを、豊富な機能で大規模なデータベースの構築や管理をしたい場合や、複雑な操作を行いたいならpostgreSQLを選ぶと良いですが、どちらも優れた機能が搭載されているシステムになっています。

レンタルサーバー選びでの確認事項

最後にレンタルサーバーを選ぶ時の確認事項を見ていきます。1つは、利用実績を確認することです。利用している人が多ければ多いほど良いとは言えないと思いますが、沢山の人がそのサーバー会社を選んでいるということなので、利用している人の数が多い方が信頼性が増します。

そのことから、自分に合うサーバー選びをするための判断材料の1つといえます。2つ目はサーバーの対応容量の確認することです。サーバーの利用用途に合う容量が選べるのか、料金プランを把握することも大切です。

3つ目はサポートが付いているのか確認することです。

突然のトラブルが起きた時にはできるだけ早く解決したいですよね。もしもの時にサポートを行っているサーバー会社によって対応形態が異なりますが、電話やメール、チャットなど自分に合ったサポート体制を行うサーバー会社を選ぶのがおすすめです。

⇒reactで制作したアプリはレンタルサーバーで動くのでしょうか?

サーバーで出来ること

サーバーがあることで出来ることは、ホームページの開設やブログの運営、メールの利用などです。新たな事業の立ち上げにあたってホームページを作成するなどがサーバーを利用することで、容易に行えます。

自分に合ったレンタルサーバーで充実した業務を

ここでは主に、データベース管理システムの1つのpostgreSQLについての特徴や対応しているレンタルサーバーの種類について詳しく見ていきましたが、レンタルサーバーを使う上で重要視したい部分に合わせて選ぶことが大切です。

レンタルサーバー会社は沢山ある中で、料金面、機能面やそれぞれのデメリットやメリットを踏まえ、レンタルサーバーを使う目的に合った選択ができるように検討すると良いですね。